2005年06月21日

怪しい人形

〜夢の話その7〜

学校に誰かがフィギュアを持って来て遊んでる子がいた。
それを見た他の子が
「それって、ロウ人形だよ!」
と、言い出した。その子が蝋人形の先生と呼ばれる人を知っていると言うので先生の家へ行く事になった。

着いた先は大きな豪邸でした。ドアを開け先生を呼んだ。玄関にはたくさんの蝋人形が飾られてあった。手乗りサイズの2頭身ほどの子供の人形が多いが、その表情はかなり気持ち悪かった。
先生は蝋人形の動く映像があると言い部屋に案内してくれた。
豪邸の割にその部屋は狭くてごちゃごちゃして汚かった。
早速ビデオ鑑賞することになった。

…内容はペンギンの蝋人形が青信号で横断歩道を渡るというものでした。ペンギンが手動で青信号にしてトコトコ横断歩道を渡り、渡り終えると手動で赤信号にする、というのがエンドレスで流れた。

              〜夢の話その7 終わり


milkyfield at 20:46コメント(0)トラックバック(0) 
きのう見た夢の話 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ばっくなんばー
かんりにん
『ピコ』って名前は大好きなぬいぐるみに付けていた名前から取ったものです。そのぬいぐるみは幼稚園の頃からものでもうボロボロ…。でも大切なのだ。
ピコの特徴は物作りとかわいい物とミニチュアが大好きです。

ピコの日記にたまに出て来る『こうちゃわん』とはピコの旦那ちゃんであります。
こうちゃわんの特徴は歌が上手くてギターも弾けちゃう食いしん坊です。

ゆうりんは本能のままに生きる0歳児。
今日も日々成長中〜。